スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫好き?

9月22日の記事「信用」に4件もコメント頂いたのは、カヒちゃんの写真のお陰でしょうか?
「すなっぴいの日記」に来てくださる方には猫好きが多いのかな?
「もっと猫の写真が見たい!」という方、拍手お願いします。

この記事の英語版はこちら
スポンサーサイト

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

ロゴ完成間近?

Snappy'sロゴ製作中のグラフィックデザイナーのZekiさんとお会いしました。
ナカナカいい感じに仕上がって来て、もう少しですね、と言っている内に大変なことに気がつきました。

店名が間違っている

「Snappy's Cafe」以前に登録していた店名でずっとロゴデザインを進めて下さっていたのに(そして私はそれを何回も見ているのに)気が付かなかった!のです。 

それはもう、平謝りのスカイ(じき)店長。 

余計に費やした時間分が収入になるとしても、ショックだったと思います。 本当にごめんなさい!

この記事の英語版はこちら

theme : 起業・独立への道
genre : ビジネス

信用

Kahi(カヒ)ちゃんご紹介。
081609+002_convert_20090921005559.jpg
とは言っても猫との信頼関係ではなく、カヒちゃんご主人のリンダさんとのお話です

リンダさんは色々な仕事で経験を積んだ後自分の会社を始めた実業家で、私がコーヒーショップを始めようと考え始める前からのお友達です。  知り合って間もなくリンダさんが出張でお家を空ける間、私に「猫(カヒちゃんともう一匹)の世話をして欲しい」と頼まれました。

猫想い(?)のリンダさんは「何日も2匹だけで置いて行くのは可愛そうなので」、餌や水をあげるだけでなくて猫と一緒に泊まってくれる人を探していたそうです。 

私も猫は好きですし、リンダさん宅の近くに住んでいるので引き受けました。 出張数日前にお宅に伺って鍵を受け取り、世話の仕方やその他(「ごみの日は何曜日」とか、「冷蔵庫に入っているものは勝手に食べて良いからね」とか)の説明を受けました。 初めての留守番がいつ、何日間だったかもうはっきりとは覚えていませんが、それ以来リンダさんが出張や旅行の度に猫番でお邪魔する様になりました。

以前にこのブログで「お客様の信用を得るのには時間が掛かるけれども、一瞬の内に失うかもしれない。」という内容の記事を書きましたが、友達との信頼も同じことだと思います。 

当たり前の事ですが、何か頼まれたら
* 言われたことは守る。
* 解らなかったら質問する。
* 質問せずに・出来ずに何かする場合は、相手にとって何が最善かを基本にする。
* 課題が終わったら報告。 何も報告することが無くても、「その後何か不都合はありませんでしたか?」とフォローする。

まあそんなに気合入れて猫番している訳ではなく、結構楽しませてもらっていますけどね。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

週末も営業

先日総合病院内の眼鏡屋さんで注文した眼鏡が「出来上がりました」という連絡を受けたのが金曜日の午後でした。 週末前に取りに行きたいけれども退社後夕方の渋滞を考えると閉店に間に合わないだろうなあ、と思ったのですが、「土曜日も営業しております」とのことで、土曜日出勤前に取りに行きました。

土曜日は総合病院内でももお休みの部署が多く、駐車場はガラガラ。 眼鏡屋さんでも待たずに済みました。 私の眼鏡の調整を親切にしてくださったのは「きっと週末は子供と過ごしたいんだろうなあ」と思わせる、家庭的な雰囲気の方だったのですが、帰り際に

私が 「土曜日に働いていてくれて有難う(直訳で言うとちょっと変かな?)」と言うと、
ぱっと表情が明るくなって 「いえいえ、土曜日で良いこともあるのよ。」
私 「渋滞が無いとか?」
眼鏡屋さん 「そうそう!」
と2人で笑いました。

それだけの会話で、良い一日になりそうな気がしました。 眼鏡屋さんもそう思ってくれると良いです。

何が言いたかったかというと、
1. 営業時間は自分だけではなく、お客さんの為を考えて決める。
2. サービス業は世間一般が休みの時にも営業しなければならないのが当たり前。
3. でもそういう時に働く従業員の気持ち、状況も考慮する。
4. 感謝の気持ちは出来るだけ言葉で伝える。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

Twitter (ツイッター)試行中

「ミニブログ」とも呼ばれているツイッター(Twitter)を始めてみました。
とは言ってもまだ勉強中で「フォローしてください」的なバナーも見つけられていませんし、今の所英語のみです。

日本でTwitter使っている方、いらっしゃいますか?

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

工務店選考中(その2)

先日のA店に引き続き、C店の方とSnappy's予定地でお会いしました。

C工務店は同市内で飲食店を手がけたことはないということですが、同郡の隣市でSnappy'sと同じ位の規模のフローズンヨーグルト屋さんを建築した他、Snappy'sのすぐ近所のパン屋さん内装の手伝いもしたことがあるそうです。

A店の方よりも沢山(それも早口)で話すC店長は、私が大家さんと確認すべきことについてのアドバイスもしてくれました。 「この位の工事なら6週間位で出来ますよ。」とおっしゃるし、見積もりも3件の中で一番低いので、C店に傾いています。

ちなみにB店は見積もり金額は3件の真ん中なのですが、提出までにとても時間が掛かったし、見積もり計算も大雑把なので今の所考慮に入れていません。

この記事の英語版はこちら

theme : 起業・独立への道
genre : ビジネス

工務店選考中

価格提示を受けた3件の工務店の内の一店(A店)の代表の方と、Snappy's予定地でお会いしました。 

市内のレストラン2件(日本料理屋中華風ビストロ)を含め、私の建築技師さんB氏とは何回も一緒に仕事をされたことがあるそうで、市や郡の規則にも詳しそうです。 A店の方は現場を始めて見られるので(見積もりは設計図のみから)、いくつか写真を撮って、「見積もりを少々手直しして近日中に送ります」とのことでした。

この記事の英語版はこちら

theme : 起業・独立への道
genre : ビジネス

口コミサイト

いつもお世話になっているカフェオーナーG氏がYelpという口コミサイトのシールを下さいました。 Snappy'sが開店したら窓に貼る予定です。

Yelpはサンフランシスコ近辺で人気のあるサイトで、色々なビジネス(レストラン、お店、美容院、病院、弁護士等)について利用者がコメントと点数(5つ星が満点)を無料で書き込めるようになっています。 コメントを受けた店から客に返事を出すことも可能で、私は以前にコメントした店からメールを受け取ったことがあります(それについてはまた別の機会に書きますね)。

G氏のカフェにも100以上のコメントが寄せられています。 大抵の場合、自分の時間を割いて苦情を書く人は少ないので、「書き込みが多い店」=「人気がある」と言って良いと思います。 Snappy'sが開店したら、大いに活用したいサイトです。

日本ではどんな口コミサイトに人気があるのでしょうか?

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

ボディーランゲージ

bodylanguagecover.jpg
アラン・ピース、バーバラ・ピース著

昨日ブログで紹介した「シャークタンク」を観て、ボディーランゲージについて考えていたら偶然、遊びに行った友達の家にこの本があったので拝借しました。 

まだ前書きしか読んでいないのですが、著者の一人であるアラン・ピース氏は子供の頃に近所を一軒ずつ回って小さな台所用品等を売りお小遣いを稼いだそうです。 「ドアを開けて子供だった私を見て手のひらを私に向けてくれた人はたいてい買ってくれた。 私を見るなりこぶしを握ったり、指をさしたりする人にはあまり関わらないようにした。」と、その当時から言葉以外の信号に敏感だったそうです。 

お客さんの気持ちに敏感になれたら良いですね。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

ジェスチャー

先日「Shark Tank(シャークタンク)」というテレビ番組を見ました。 5人の投資家(シャーク=鮫)を前に実業家が自分の会社や製品のプレゼンをして投資してもらう、という内容です。 投資家は皆それぞれの業界で成功している人達で、「鮫」らしく厳しい質問をどんどんします。

私は音声なしで見ていたのですが、一番目の実業家がアップで映った時、「この人頭良さそうだな、きっと商談成立するだろう」と思いました。 投資家達も「こいつは頭がキレそうだ」という目で彼を見た様な気がしました。

私からは画面が遠過ぎて字幕も読めず、どんなビジネスについて説明しているのかも解らなかったのですが、実業家は情熱的に語っている様に見え、投資家達はとても興味を持って聞いている様子でした。 鮫達からの厳しい質問にもしっかり答えた後、会場は少々リラックスした雰囲気になり、鮫同士が笑いながら意見交換している様子。 最後には商談が成立した様で、投資家の内の一人と実業家が握手をして終わっていました。

自分が発している言葉以外の信号って大事だと思いました。 自分を信じて自分のビジネスを知り尽くしていれば、自然と姿勢が良くなり相手の目を見てはっきりと話せる様になるのでしょう。

実際に音声付で番組を見て残念だったのは、実業家のビジネスがそんなにユニークだとは感じられなかったことです。 放映してしまったことで反対に誰かが真似出来てしまいそうで心配。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

儲かる花農家

いつの記事か良く判らないのですが、「儲かる農業」で検索していたら北海道恵庭市の花農家、田中寿美子さんについての記事を見つけました。

花束の主役を引き立てる麦、ユーカリ、ねこじゃらし等、手入れが余り必要で無い植物を種から大量生産することで利益を上げるという方法は、「女の人の発想」と田中さんは言われています。

残り物や閉店間際セールで買ってきた食材でちゃっちゃと夕食を作ってしまう母親像を思い浮かべました。 

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

キャッシュフロー(その2)

キャッシュフローの少ない工場で機械のメインテナンスがおろそかになりがちだ、という私のブログ記事を読んだKちゃんと、「公共医療もそう!」という話になりました。

日本の国民医療保険のシステムと違い、アメリカ住民の大半は雇用者を通して保険に加入しているのですが、公費で運営されている医療もあります。 公共医療で予算減の影響を真っ先に受けるのが「予防」の部類だそうです。 

既に怪我や病気になってしまった患者の治療だけで予算オーバー=>「予防」が出来ない=>更に重症・重傷の患者が出てくる。 と悪循環になってしまいます。

メインテナンスというのは直接利益として数字が出ないので、経費削減の対象になりがちなのでしょう。

ブログを読んで話題を提供してくれたKちゃん、有難う!

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

新旧のお客様

"It takes months to win a customer but only seconds to lose one."
(顧客を射止めるには何ヶ月もかかるが、失うのには数秒とかからない。)

以前の職場に貼ってあったポスター。 お得意様に成ってもらった事に(って先の話ですけど)甘んじず、常時最高のサービス、製品を提供していかなくては。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

内外のお客さん

一般には自分の会社の提供する商品やサービスに対して支払いをしてくれる人を「お客様」と呼びますが、私は他にも「客」が居ると思っています。 そこに金銭や物のやりとりがなくても(又はこちらが支払いをしている場合でも)、毎日の経営に欠かせない人達、例えば従業員、ご近所さん、配達の運転手さん、等です。

特にサービス業では、身近な人達を大切な存在とすることがいわゆる「お客様」へのサービスへの第一歩だと思います。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

お互いが「大切な」存在

Everyone has an invisible sign hanging from their neck saying, 'Make me feel important.'
(人は誰でも『私を重要人物だと思わせて!』と書いてある見えない札を首からぶら下げている。) 
アメリカ、メアリーケイ創設者であるメアリー・ケイ・アッシュ氏の言葉です。

お客様に対して、「今日もお元気そうで、嬉しいです。 お仕事(勉強)がんばって下さい。」
従業員に対して、「貴方が良く働いてくれるので、とても助かります。 有難う。」
近所のお店の方に対して、「お互いにいい日になると良いですね。 頑張りましょう。」

言葉だけではなく、態度でも伝えられる様になりたいです。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

他店との差別化ー例その1

あるクリーニング屋さんや朝5時に開店します。 5時から洗濯を始めるのではないと思いますが、早く出勤するお客さんから服等を受け取れるためにとにかく開店するわけです。

通勤途中に開いているクリーニング屋が一つしかなかったら、そこに行く可能性大きいですよね。
なーるほど。

Snappy'sの近くのコーヒー屋は何時に開くのか調べて、それより早く開店しなければ。

この記事の英語版はこちら

theme : ☆経営のヒント☆
genre : ビジネス

工務店

2ヶ月程月前、建築士さんが工務店3件に設計図を提出して価格を提示してもらうことになっていたのですが、3件目からの提出をやっと受け取り、工務店選択作業に入ります。

価格提示には決まった形式が無いので、3つを比べるのも難しいのですが、

A店: 高価格、施工予定12週間。 提示書は詳細まで書かれていて、提出も早かった。
B店: 中価格、施工予定期間記載なし。 提示書はとても簡素、提出「する、する」と言って何週間もかかった。
C店: 低価格、施工予定6週間。 詳細な提示書、即提出。

なのでC店に傾いています。 来週建築士さんと話し合って決める予定です。

この記事の英語版はこちら
プロフィール

スカイ978

Author:スカイ978
すなっぴぃの飼い主。 
サンフランシスコベイエリアにてSnappy's Cafeを開店しました。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。